公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団
社会がゲームを変え、ゲームが社会を変える

特集

当財団理事長・中山晴喜がインタビューにて、財団の成り立ちと活動内容、今後の方向性を語った動画を掲載します。

設立から昨年までの財団の活動を、ゲーム業界と世の中の動きを交えて簡単にご紹介いたします。

第5回社会を変える「夢のゲーム」研究アイディアの審査結果を発表しました。463件の応募があり、そのうち23件が入賞しました。

2018年9月28日(金)に開催した第25回研究成果発表会の様子をお伝えします。

特集バックナンバー

ニュースリリース・更新情報

2018.11.30

選考委員会の開催
選考委員会を11月16日(金)に開催し、次の事項を決定しました。正式には2019年1月下旬開催予定の理事会で承認され次第公表します。

2017年度採択の助成研究Aのうち複数年度研究を希望している研究者について、本人から提出された初年度の研究成果報告書の事前審査を踏まえ、本人出席のもとでヒアリングによる本審査。

2018.11.30

デジタルからくり装置づくりワークショップin高梁市の開催
当法人が全面的に支援し、NPO法人IGDA日本が主催する、デジタルからくり装置作りワークショップ(7回目)が10月27日(土)~28日(日)に岡山県高梁市で開催されました。幼稚園児から大学生までプロのゲーム開発者に教わりながらゲーム造りを楽しみました。

2018.10.31

調査研究・助成研究の募集結果について
全国の大学院・大学・研究機関・専門学校等を対象に募集していた調査研究と助成研究の応募を10月15日(月)に締切りました。 応募総数は98組、内訳は、調査研究6組、助成研究A59組、助成研究B27組、国際交流助成6組でした。

2018.10.03

第25回研究成果発表会の開催
第25回研究成果発表会を9月28日(金)に開催しました。24名の研究者等から成果が発表され、約70名の参加者が、終日熱心に発表と質疑応答を行いました。
又、東京大学大学院 情報理工学系研究科 講師 鳴海拓志 先生による講演の後は、参加者全員で和やかに交流会が行われました。
発表と講演の内容につきましては後日、当WEBページにて公表しますのでお待ち下さい。

2018.10.03

特別普及講演会の開催
福岡女学院大学 講師 山之内 幹 先生による講演会「障がいの重い子どもたちとみんなでスポーツやゲームを遊びたい!」を、障がい児教育に携わる人やプロを目指す学生を対象として、9月1日(土)に東京大学情報学環オープンスタジオ(中山未来ファクトリー)で開催しました。
障がいの有無に関係なくみんなで安全に楽しく遊べる遊具の実践的研究の成果が紹介され、参加者は実際に遊具に触れて貴重な体験をしました。

(写真提供 東京大学中山未来ファクトリー)

ニュースリリース・更新情報一覧はこちらを御覧ください。
ページトップ