公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団

研究助成事業

審査と採択

 助成研究の審査は、専ら選考委員会が行います。

1.事前審査

毎年総計で100件程度の助成申込がありますのでこれを分類し、先ず委員が2人1組で担当を決めて事前審査します。

2.本審査

例年12月下旬に全選考委員が出席する選考委員会で、事前審査を踏まえ全部の応募者について時間を費やして本審査し、採択者を決定します。

3.正式決定

採択者には速やかに通知しますが、正式な決定は例年1月下旬に開催される定例理事会承認を待たなければなりません。但し、委員会決定が理事会で覆ったことはありません。
助成研究の審査は、専ら選考委員会が行います。

2018(平成30)年度助成研究(A-1)は次の9課題を採択しました。

課題 研究者氏名/所属
人とのつながりの中で進化し続けるカードゲームの実証研究 萩原 憲二
大阪青山大学 健康科学部
教授
音でプレイするオーディオゲームセンター実現のためのインタフェース研究 筧 康明
東京大学大学院 情報学環
准教授
伝統的色彩語彙を増やすカードゲームの研究 日髙 杏子
芝浦工業大学 デザイン工学部
准教授
ゲーミフィケーションによるサービスロボット操作へのエンターテイメント性の付与 中西 英之
大阪大学大学院 工学研究科
准教授
Control-Aided Reality技術によるビリヤードゲームのデザイン 南 裕樹
大阪大学大学院 工学研究科
講師
森林の循環利用を学ぶためのカードゲーム開発 北橋 善範
北海道立総合研究機構
林産試験場技術部
研究主任
砂場インタフェースによる津波防災まちづくりゲーム 佐瀬 一弥
東北学院大学 工学部
講師
Positive Agingに向けた高齢者の体験デザインと行動変容 南澤 孝太
慶應義塾大学大学院
メディアデザイン研究科
准教授
対戦型ゲームと見守り機構を通した対話の活性化にもとづく包括的介護予防の枠組構築 北越 大輔
東京工業高等専門学校
情報工学科
准教授

2018(平成30)年度助成研究(A-2)は次の9課題を採択しました。

課題 研究者氏名/所属
ゲームプレイ時の姿勢がプレイヤーの行動に与える影響 福島 宏器
関西大学 社会学部
准教授
社会課題をリフレーミングするゲーム的要素に関する研究 大谷 通高
総合地球環境学研究所
技術補佐員
フィジカルe-Sportsの実現に向けたインターフェースと身体性の関係の解析と検討 安本 匡佑
神奈川工科大学 情報メディア学科
准教授
準天頂衛星システム"みちびき"を用いた空間楽器の試み 古川 聖
東京藝術大学
美術学部 先端芸術表現科
教授
HMD機器による視覚誘導性自己運動感覚の研究 蘆田 宏
京都大学大学院 文学研究科
教授
個人の感覚特性に応じたVR空間における擬似触覚認知 福井 隆雄
首都大学東京
システムデザイン学部
准教授
ゲーム開発ツールリポジトリの調査と構築 今給黎 隆
東京工芸大学
芸術学部ゲーム学科
准教授
深層カプセルネットワークを用いた高精度アイトラッキングとユーザ情動推定への応用 河合 新、延原 肇
筑波大学 システム情報系
助教、准教授
ゲーム内の攻撃行動を伴う向社会的行動がプレイヤーの向社会性と攻撃性に与える影響 林 志修
獨協大学 法学部
特任助手

2018(平成30)年度助成研究(B)は次の9課題を採択しました。

課題 研究者氏名/所属
外部電源不要・不特定交換型ソーシャル音楽システムの制作 藤木 淳
札幌市立大学 デザイン学部
准教授
ギリシアの初期鉄器時代における土製玩具とその社会的背景 髙橋 裕子
立教大学 学校・社会教育講座
学芸員課程 兼任講師
ディープラーニングを活用したゲームプレイヤーに与える音・振動情報の最適化 寺島 修
富山県立大学 工学部
講師
ウシやヤギにおける「闘いのルール」の解明と、一般人への啓発 青山 真人
宇都宮大学 農学部
准教授
将棋東南アジア伝来説の提唱者アレックス・ランドルフと日本 清水 康二
奈良県立橿原考古学研究所 調査部
指導研究員
自律的に創造した遊びを通じて成長する人間型知能の開発 田中 一敏
東京大学大学院 情報理工学研究科
特任研究員
将棋の起源および大型将棋の呪術性に関する研究 高見 友幸
大阪電気通信大学 総合情報学部
教授
「遊び」の構成要素の分析の試み 須藤 勲
千葉工業大学
社会システム科学部教育センター
准教授
ルールの変更が生み出す新たなプレイの実験的解明:スリーオンスリーバスケットボールを対象として 関 博紀
東京都市大学 メディア情報学部
講師

2018(平成30)年度第1回国際交流は次の2課題を採択しました。

会議等の名称
場所・開催期間
氏名/所属
ICGJ 2019 (International Conference on Game Jams, Hackathons, and Game Creation Events)
アメリカ合衆国・サンフランシスコ・GitHub 本社会議場
2019年3月16日~2019年3月17日
山根 信二※
岡山理科大学
講師
2019 International GamiFin Conference
"Levi・Lapland・Finland
2019年4月8日~2019年4月10日
Chiahuei Tseng
東北大学 電気通信研究所
准教授

※本人の申し出により採択を取り消しました。

2017(平成29)年度助成研究(A)は次の5課題を継続して助成します。

課題 研究者氏名/所属
新産業生成としてのゲームビジネスのオーラル・ヒストリー 清水 洋
一橋大学大学院 商学研究科・
イノベーション研究センター
教授
実世界人狼ゲームのデータセット作成と対話技能習得過程の分析 大澤 博隆
筑波大学 システム情報系
助教
プレイヤー自身の感情制御を余儀なくされる対戦型ゲームの開発 有本 泰子
帝京大学 理工学部
講師
ドローンレースの娯楽性を向上させる配信技法の研究 末田 航
デジタルハリウッド大学
メディアサイエンス研究所
研究員
HMD空間における体外離脱の誘発に関する研究 小鷹 研理
名古屋市立大学 芸術工学研究科
准教授

 過去3年分の「助成研究」の採択一覧は次のとおりです。

ページトップ