公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団

研究助成事業

平成27年度 助成研究の採択

平成27年度第2回国際交流は次の3課題を採択しました。

会議等の名称
開催期間・場所
氏名
所属・肩書
The 13th International Conference on Distributed Computing and Artificial Intelligence 2016
2016年 6月1日~2016年6月3日
Seville University
Universidad de Sevilla.
上野 未貴
豊橋技術科学大学 情報メディア基盤センター 助教
Replaying Japan 2016
2016年8月15日~2016年8月17日
Faculty of History, Arts and Oriental Studies
木村 知宏
東京大学大学院 学際情報学府 博士課程
The 6th International Kansei Engineering and Emotion Research Conference 2016
2016年8月31~2016年9月2日
University of Leeds
PATITAD Patchanee
室蘭工業大学 博士研究員

平成27年度助成研究(A-1)は次の7課題を採択しました。

課題 研究者氏名/所属
国際共同による注意機能訓練ゲームの開発と臨床応用 大柳俊夫
札幌医科大学医療人育成センター 准教授
創造的なキャリア教育支援のためのシリアスゲームの開発 藤本 徹
東京大学大学総合教育研究センター 助教
小児がん患者に対する長期フォローアップに関する研究
-デジタルツールの評価と応用-
舛本大輔
三重大学大学院医学系究科 大学院生
手描きアニメの個人制作支援の研究 森本有紀
東京電機大学未来科学部 講師
複数のオープンビッグデータを活用したゲームコンテンツの作成、及び本ゲームプレイの直接的または間接的な公共性への作用に関する研究 飯田和敏
立命館大学映像学部 教授
少子化現象と対策について学ぶカードゲームの制作

李  皓
静岡大学情報学部 准教授

ゲームデザインプロセスの応用によるエージェントベースモデリングのための対話手法の開発

三浦政司
鳥取大学大学院工学研究科 助教

平成27年度助成研究(A-2)は次の8課題を採択しました。

課題 研究者氏名/所属
ゲーム特性を生かした健康保持や体力向上装置の開発

池原忠明
首都大学東京 東京都立産業技術高等専門学校 准教授

女性向けゲーム市場における企業と消費者の共進化に関する研究

中村 仁
日本経済大学大学院経営学研究科 准教授

ゲームデザイン研究・教育のためのオープンソースゲームの開発の研究

中村隆之
神奈川工科大学情報学部 特任准教授

日本のホームエレクトロニクス思想とビデオゲーム 鈴木真奈
京都大学文学研究科 博士後期課程
VR酔いの検出に応じて角速度と画角を動的に制御するVRシステムの開発 谷中俊介
神奈川工科大学大学院 工学研究科 博士課程
カードゲームにおける空中像インタラクションの研究 小泉直也
東京大学大学院情報学環 特任研究員
「乙女ゲーム」のゲームデザインに関する総合的研究 尾鼻 崇
中部大学人文学部 助教
Eyewear for Gaming

Kai Kunze
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 准教授

平成27年度助成研究(B)は次の10課題を採択しました。

課題 研究者氏名/所属
障がい者と健常者をつなぐレクリエーションゲームの開発と汎用化 山之内 幹
鹿児島県立加治木養護学校中学部 教務主任
重度重複障害がある児童生徒のための分身ロボットを通じた遊びの開発 柴里弘毅
熊本高等専門学校 教授
幼児の外遊びおよび室内遊びにおける身体活動強度 田中千晶
桜美林大学総合科学系 准教授
遊びながら社会性を育むためのアクティブ・ラーニング支援教具の開発 川田和男
広島大学大学院教育学研究科 准教授
身の回りのモノを直接用いたデジタルペインティングによる創造性発揮支援 藤波香織
東京農工大学大学院工学研究院 准教授
演技・踊りを自然に遊ばせるシステムの開発 磯山直也
青山学院大学理工学部 助教
ゲームへの親和性とイメージの投影傾向との関連 山本喜晴
関西国際大学人間科学部 准教授
生物の形態と振る舞いから学ぶ遊び心の誘発 中村美惠子
東京藝術大学芸術情報センター 芸術情報研究員
摩訶大将棋の復刻および大型将棋の歴史に関する研究 高見友幸
大阪電気通信大学総合情報学部 教授
プレイフルなデジタル絵本システムの開発 松浦昭洋
東京電機大学理工学部 准教授

平成27年度第1回国際交流は次の2課題を採択しました。

課題 研究者氏名/所属
The Board Game Studies 2016
2016年4月13日〜16日
The German Games Archive Nuremberg
清水康二
奈良県立橿原考古学研究所 主任研究員
2016 IEEE ISCC International Symposium on Creative Computing
March29th-April 1st,2016
Exeter College, University of Oxford
Oxford, England
林 志修
東京大学大学院 大学院生

平成26年度助成研究(A)は次の5課題を継続して助成します。

課題 研究者氏名/所属
キャラクタの個性を演出するための分析・制作支援システムの開発 森島繁生
早稲田大学先進理工学 教授
ゲームを取り巻く企業と消費者の社会的相互作用 勝又壮太郎
長崎大学経済学部 准教授
高HIV流行国スワジランドにおけるHIV啓発のためのserious gameの開発とランダム化比較試験によるその効果評価に関する研究 L. B. Wellington
京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻 博士課程
競争的な買い物ゲームにおける子どもの価値判断と意思決定に関する行動経済学的研究 伊村知子
新潟国際情報大学情報文化学部 講師
人狼知能の開発 大澤博隆
筑波大学システム情報系知能機能工学域 助教
ページトップ