公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団

研究助成事業

平成25年度 助成研究の採択

平成25年度助成研究(A−1)は次の5課題を採択いたしました。

研究テーマ 研究者氏名/所属
自閉症のコミュニケーション障害を改善するための訓練ゲームの開発 和田  真
国立障害者リハビリテーションセンター研究所 発達障害研究室長
行動経済学に基づく体験型金融経済ゲームの研究開発 竹本 拓治
福井大学産学官連携本部 准教授
迷惑施設の決定権をめぐる正当性:NIMBY問題の
合意形成を目指す参加型オンラインゲーミングの開発
野波  寛
関西学院大学社会学部 教授
授業づくりにゲーミフィケーションを援用できる教員の養成に関する研究
−教員養成課程におけるプログラムの開発と普及−
塩田 真吾
静岡大学教育学部 専任講師
エンターテインメントゲームとシリアスゲームがユーザーに与える心理的影響の比較研究 鎌倉 哲史
東京大学大学院 学際情報学府 博士課程

平成25年度助成研究(A−2)は次の11課題を採択いたしました。

研究テーマ 研究者氏名/所属
ビジネスゲームによる合意形成プロセスの国際比較 岩井 千明
青山学院大学国際マネジメント研究科教授
マルチエージェント・シミュレーションとの
インタラクション型仮想環境ゲームによる
災害時避難行動分析システムの開発
荒川 雅裕
名古屋工業大学教授
ゲームプレイヤの心理的・知能科学的なオンライン
総合解析システム(Engagement System)の作成と
その試行実験
中嶋 正之
神奈川工科大学客員教授
オンラインで共有・評価されるゲームプレイの効果 玉宮 義之
東京大学特任研究員
高齢者の転倒予防における家庭用ゲーム機器を用いた
介入効果の包括的検討
中島そのみ
札幌医科大学保健医療学部准教授
創造性を司るメカニズムの解明 上田 祥行
京都大学特定助教
移動型映像音響インタラクションによる
ゲーム本質の解明
三枝  亮
豊橋技術科学大学特任准教授
生体情報のフィードバックループを形成する
アバター表現
上野 道彦
東京大学学際情報学府後期博士課程
e-Sportsにおけるプレイの魅力を伝える
情報提示手法に関する研究
梶並 知記
神奈川工科大学助教
テレビゲームが小学生の社会的適応性に及ぼす影響 鈴木 佳苗
筑波大学准教授
おしゃぶりコントローラ 石井健太郎
東京大学大学院総合文化研究科特任研究員

平成25年度助成研究(B)は次の9課題を採択いたしました。

研究テーマ 研究者氏名/所属
インターネットによる「障害児と遊び」の情報交流と
その効果
渡辺 勧持
美作大学地域生活科学研究所 客員研究員
超短編小説の自動生成機構 佐藤 理史
名古屋大学 教授
幼稚園および保育所において
発達障害幼児が参加できる集団遊びの開発
西館 有沙
富山大学人間発達科学部 准教授
スラムにおける遊び 井本佐保里
浦和大学 非常勤講師
ゆるキャラはなぜ「かわいい」のか? 藤田 一寿
津山工業高等専門学校情報工学科 講師
こどもが遊びながら動植物とのかかわりを学ぶための
基礎情報の収集とその応用について
土田あさみ
東京農業大学農学部 准教授
タイのマックルック駒の調査による
日本将棋の起源に関する研究
清水 康二
奈良県立橿原考古学研究所 主任研究員
チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)による
治癒的遊び(Therapeutic Play)
−病児と家族の心のケアにおける専門職による
遊びの活用とその意義
馬戸 史子
大阪大学医学部附属病院小児医療センター
チャイルド・ライフ・スペシャリスト
(Certified Child Life Specialist)
頭部搭載型風覚ディスプレイによる
一人称エンタテインメント体験の臨場感向上
橋本 悠希
筑波大学 助教

平成25年度国際交流助成は次の3課題を採択いたしました。

会議等の名称・主催機 実施体制
The 13th Annual Workshop on Network and Systems Support for Games (NetGames 2014)
(第13回ゲームのためのネットワークとシステムサポートに関するワークショップ)
平成26年12月4日〜同月5日
名古屋工業大学
石橋  豊
名古屋工業大学大学院 教授
第22回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト
平成26年10月23日〜同月25日
日本科学未来館
梶本 裕之
電気通信大学 准教授
NICOGRAPH International 2014
平成26年6月1日〜同月3日
Uppsala University(スウェーデン)
宮田 一乘
北陸先端科学技術大学院大学 教授

平成24年度助成研究(A)は次の5課題を継続して助成いたしました。

研究テーマ 研究者氏名/所属
脳・自律神経系活動の複数プレイヤー同時計測による協調型ゲームの「場」の解析 嶋田 総太郎
明治大学 准教授
バーチャル迷路ゲームを用いた発達障害児・者の空間認知能力の解明 渡邊 洋
産業技術総研 主任研究員
触地図上の宝探しゲームによる中途失明者の自律移動支援用具に対する親和性の向上 喜多 伸一
神戸大学 大学院教授
発達障害児における社会的スキルゲームによる対人関係の改善 井上 菜穂
鳥取大学 大学院生
拡張現実感を用いて発災時の判断力を育成する次世代型避難訓練の開発と実施 光原 弘幸
徳島大学 大学院講師
ページトップ